音大生のための就職情報サイト。就職に関する悩みを解決し夢をサポート。
音大生のための就職支援情報サイト。就職に関する悩みを解決し、夢をサポートします。
TOP 運営会社 サイトマップ お問合わせ Facebookページへ
  • 企業に就職する
  • 演奏家になる
  • 音楽を教える
  • その他の仕事で音楽に携わる

【特集】教員への道

最も多い音大生の就職先は学校の教師(中学校・高等学校・養護学校)と言われています。

大学によっては、幼稚園(保育園など)の先生になるための科目やコースがあります。また、小学校の教員免許を取得することも可能です。公立校や私立校の普通科の学校よりも、音楽高校・音楽科のある学校からの求人が多いです。

 学校の教師になる為には、国語や数学などどの科目でも共通して「教員免許」が必要です。教員免許を取得する為に定められた授業を受け、教職実習へ行きます。これは科目に左右されず、教師になる就職活動は音大生だからといって特別なことはありません。

また、補足ですが、教員免許には「専修免許状」(大学院以上)と、「1種免許状」(大学以上)があります。高校教師になるためには、どちらの免許でも構いません。また学歴(学士や修士など)によって収入差があります。中学教師になるには、上に加えて「2種免許状」(短期大学以上)が追加され、どの免許でも構いません。

次に国公立校と私立校の就職活動を分けて説明します。

1.国公立校の場合

まず、大学・大学院などで教員免許を取得。その後、公務員としての採用試験を受験(地方自治体の採用試験)。その試験に合格すれば、教師になれます。

では、採用試験はどのような内容なのか。多くの自治体では一次試験が学力試験、二次試験が人物試験となっています。採用の倍率は年度や各自治体地域によって異なります。

また、どのように求人している学校を探すのか。それは各都道府県の講師登録を行うことで出来ます。このとき、登録にあたっての条件が、既に教員免許取得しているか、見込みの方も登録出来るかは各都道府県によって異なります。時間講師や非常勤講師などを捜している学校に対して情報を提示し、必要に応じて選考・面接の上で採用します。

*例として「講師登録」サイトのリンクを貼っておきます。

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/jinji/hijyoukin.htm 東京都)

 

2.私立校の場合

私立の場合でもまずは大学・大学院で教員免許を取得します。その後、各学校が実地する試験を受験し、合格すれば教師になれます。

 どのような学校が試験を実地しているのか。一つの例として「教員採用.jp」サイトで、学校側が求人を求めている就職活動サイトがあります。登録無料で情報を得ることが出来るので是非活用して下さい。

 また、私学教員採用説明会&選考会が大阪は2012年5月20日に大阪城スクエアにて、東京は2012年5月27日に東京ビックサイトにて行われます。ここで各志望校にエントリーすることも可能です。

*詳しいことはサイトで紹介しています。

http://kyoin-saiyo.jp/ 教員採用.jp)

音大生就活ナビとは
注目! 一般企業の音楽団体

www.ondainavi.jp Blog Feed

「活躍する先輩」掲載しました (月, 14 5月 2018)
>> 続きを読む