音大生のための就職情報サイト。就職に関する悩みを解決し夢をサポート。
音大生のための就職支援情報サイト。就職に関する悩みを解決し、夢をサポートします。
TOP 運営会社 サイトマップ お問合わせ
  • 企業に就職する
  • 演奏家になる
  • 音楽を教える
  • その他の仕事で音楽に携わる

企業内音楽団体 演奏会レポート

~東京ガス管弦楽団第18回定期演奏会レポート


 真夏のような暑さが残る201899日(日)、東京ガス管弦楽団さんの第18回定期演奏会を訪問してきました。

 

 会場は、ティアラこうとう大ホール(東京 江東区住吉)

 これまで定期演奏会をおこなってきた紀尾井ホールから、今回は一回り大きな会場にて、より多くの方々に聴いていただきたい、という抱負を抱いてのチャレンジと飛躍の演奏会となりました。

指揮は、同団での指導が三年目の秋山愛美氏。

 

 第1ステージは、ブラームス「悲劇的序曲」。

厚みのあるサウンドながらテンポよく、流れを持ったスタートです。

 

 第2ステージは、チャイコフスキー「幻想序曲『ロメオとジュリエット』」。

ロマンティックで魅力的な美しいサウンドが、ホールいっぱいに広がりました。

 

 休憩をはさんでの第3ステージは、メンデルスゾーン「交響曲第5番 ニ長調(ニ短調) 作品107『宗教改革』。

 メンデルスゾーンの交響曲というと第3番「スコットランド」や第4番「イタリア」などが有名どころですが、この第5番「宗教改革」も非常に聴きごたえがありました。「ドレスデン・アーメン」が象徴的な第1楽章、民衆の様子を想起させる第2楽章、しっとりとした第3楽章、4楽章はコラール「神はわがやぐら」のフルートソロから始まり、終曲部での団員一丸となっての感動的なコラールは圧倒的な印象を残しました。

 

 アンコールに演奏されたメンデルスゾーン「真夏の夜の夢より『道化師たちの踊り』も、爽やかで心地よい余韻を楽しめました。

 

 

 東京ガス管弦楽団では年に2回演奏会を開催しており、今後の演奏会は下記のようにおこなわれます。


 

♪クリスマスコンサート♪

[日程]2018年12月8日(土)午後

[場所]豊洲 がすてな~に ガスの科学館

 

♪第19回定期演奏会♪

[日程]201910月6日(日)14時開演

[場所]江戸川区総合文化センター大ホール

 

皆さんもぜひ、実際の演奏を聴きに行ってみてはいかがでしょうか。

より具体的な企業内音楽団体のイメージがつかめること、請け合いです!

 

 

音大生就活ナビとは
注目! 一般企業の音楽団体

www.ondainavi.jp Blog Feed

グノー生誕200年コンサート (火, 17 7月 2018)
>> 続きを読む

東京ガス管弦楽団 第18回定期演奏会 (Mon, 04 Jun 2018)
>> 続きを読む

SOMPOフィルハーモニー管弦楽団 第19回定期演奏会 (Mon, 28 May 2018)
>> 続きを読む

【掲載】当サイトが月刊ボスで紹介されました (Wed, 23 May 2018)
>> 続きを読む