音大生のための就職情報サイト。就職に関する悩みを解決し夢をサポート。
音大生のための就職支援情報サイト。就職に関する悩みを解決し、夢をサポートします。
TOP 運営会社 サイトマップ お問合わせ Facebookページへ
  • 企業に就職する
  • 演奏家になる
  • 音楽を教える
  • その他の仕事で音楽に携わる

企業内音楽団体アンケート結果 その4

~ 本番に向かって

 

音楽団体の活動の要はやはり本番!

「どんな本番があるのか?」という点も見逃せない大きなポイントです。

 

今回はその点をクローズアップしていきます。

 

 

 

大会、コンクール等への参加

定例として参加している:36%、参加経験あり:32%、参加経験なし:32%とほぼ3等分に分かれました。

 

社外主催となる大会やコンクールへの参加は、それぞれの団体あるいは会社の考え方が反映される部分かもしれません。

 

 

イベントへの参加

全体の36%の団体が、「社外・社内のイベントへの参加経験ありと回答しました。

社内イベントで一番多かったのは社会人野球の応援、その他にも会社創立記念式典などでの演奏機会のある団体もありました。

 

社外では地域振興チャリティーコンサート、もみじまつり、近隣老人施設への訪問演奏など、活発に地域と交流する団体も少なくないようです。

 

 

定期演奏会

定期演奏会を行っている団体は、全体の6割を超えていました。

自分たちのレパートリーを演奏し、団体の個性を存分に発揮できる定期演奏会は、やはり多くの音楽団体の活動のメインと位置付けられているようです。

どのくらいのスパンで定期演奏会をおこなっているかという点にも多数の団体から答えていただきました。

1回が一番多く全体の1/3強で、年2回の団体や8カ月毎という団体、また5年に1回というゆったりペースの団体もありました。

定期演奏会の他にも、社員向けのファミリーコンサートやクリスマスコンサートなどを開催されるところもあるようです。

 

演奏会やコンクールなど、本番の活動の様子を知ると、その団体を具体的にイメージできるきっかけになりますね。

HPを持っている企業内音楽団体も多いので、興味のある団体の定期演奏会などに足を運んでみるのもいいかもしれません。

 

本サイトにも、コンサート情報のコーナー(https://www.ondainavi.jp/ブログ/おすすめコンサートのお知らせ/)があり、企業内音楽団体の演奏会も載っていますので、そちらもぜひご覧くださいね。 

 

 

音大生就活ナビとは
注目! 一般企業の音楽団体

www.ondainavi.jp Blog Feed

「活躍する先輩」掲載しました (月, 14 5月 2018)
>> 続きを読む