音大生のための就職情報サイト。就職に関する悩みを解決し夢をサポート。
音大生のための就職支援情報サイト。就職に関する悩みを解決し、夢をサポートします。
TOP 運営会社 サイトマップ お問合わせ Facebookページへ
  • 企業に就職する
  • 演奏家になる
  • 音楽を教える
  • その他の仕事で音楽に携わる

企業内音楽団体アンケート結果 その1

~企業内音楽団体とはどんなとこ?

アンケートは、企業の名前を冠している音楽団体にご協力をお願いしました。

 

音楽団体の形態は以下のとおりです。

オーケストラ20%、吹奏楽団58%、合唱団22%

そのうちアンケートを回答していただいた団体もほぼ同じ割合で、吹奏楽団が全体の6割程度、残りがオケと合唱でそれぞれ2割程度でした。

 

企業内音楽団体に吹奏楽団が多い理由としては、吹奏楽は屋外での演奏が可能でマーチングバンドなどもできるため、職場の行事やスポーツ団体の応援などでの出演機会が多いということがあげられるかもしれません。

 

いずれにしても、アンケートをお送りした企業内音楽団体の規模や活動はそれぞれに異なり、毎年、コンクール全国大会で上位に入賞するような音楽団体もあれば、イベントなど企業や地域に密着した活動をおこなう団体もあります。

 

アンケート回答にご協力いただいた団体は、企業名を冠することを企業から認められている公認団体がほとんどでした。

企業に認められている団体ということで、団体の代表者は企業社員あるいは職員です。

ただし団員は、正社員に限らず、グループ会社社員や非正規雇用者、OB、社員の家族など比較的ゆるい制限で募集している団体が多いように見受けられました。

 

企業内の施設を使用できるというメリットを持つ団体も多数あります。

一般の音楽団体だと、練習場所を借りるのにお金がかかったり、公的練習会場の予約抽選などに人員や時間をとられたりすることも少なくないので、そういう点は、企業内音楽団体はとても恵まれているようです。

同様に、会費や演奏会参加費などを含んだ個人経費も、企業内音楽団体は比較的負担が少なめで、アンケート回答結果では、年間の個人負担は1~5万円程度でした。

 

また、打楽器など大型楽器もほとんどの団体が所有しており、企業内音楽団体は総体的に「個人にやさしい団体」とみることができるかもしれませんね。

 

 

音大生就活ナビとは
注目! 一般企業の音楽団体

www.ondainavi.jp Blog Feed

「活躍する先輩」掲載しました (月, 14 5月 2018)
>> 続きを読む