音大生のための就職情報サイト。就職に関する悩みを解決し夢をサポート。
音大生のための就職支援情報サイト。就職に関する悩みを解決し、夢をサポートします。
TOP 運営会社 サイトマップ お問合わせ
  • 企業に就職する
  • 演奏家になる
  • 音楽を教える
  • その他の仕事で音楽に携わる

早めにはじめる筆記試験対策!Part1

筆記試験や適正検査は、内定を得るための最初の関門です。どのような種類の試験があるのか、またその出題傾向について事前に研究し、しっかりと試験対策に取り組んでおきましょう。

志望の企業が決まっている場合は、その企業でどのような試験を実施しているのかを確認しておく必要があります。

 

 

●なぜ筆記試験や適正検査を実施するのか?

 

学力や適正で応募者を絞り込むのが目的です。 筆記試験や適性検査の形式は、企業によってそれぞれ異なりますが、多くの場合、その結果で基礎的な学力や適性を判断し、学生を絞り込みます。 出題される問題はそれほど難しくありませんが、筆記試験を突破しなければ次の選考に進むことができません。

 

 

●どんな試験を行うのか?

 

大きく分けて以下の3つに分けることができます。

 

①一般常識試験

国語、数学、英語などの中学校や高校で学んだ基礎的な知識を問う問題や、社会や政治、経済などに関する時事問題などが出題される試験です。出題範囲が広く暗記力を必要とする問題もあるので、事前に時間をかけて準備しておきましょう。数学や国語の問題は慣れもあるので、練習問題を多く解いておくとよいでしょう。 時事問題の対策としては、普段から新聞やニュースを見るように心がけ、分からない語句は調べる習慣をつけておきましょう。

 

②小論文

制限時間内に、出題されたテーマと文字数で小論文を作成する試験です。 企業はそのテーマについて、「どのような考えをもっているか?」「その考えを論理的に文章にできるか?」などを見ています。 日頃から文章を書くことや、文章を要約すること、自分の考えを体系的にまとめること、などの練習をしておく必要があります。また、自分で書いた文章を、自分以外の人に読んでもらうこともよい練習になります。

 

③適正検査

適性検査とは、業務や職務を遂行する能力と適性を判断するための検査です。 効率的・能率的に業務をこなす能力を試す「能力適性検査」や、性格や考え方の傾向を見る「性格適正検査」に分けることができます。 SPIやCAB、GAB、TG-WEBなど、問題を作成する企業により、様々な種類があります。

音大生就活ナビとは
注目! 一般企業の音楽団体

www.ondainavi.jp Blog Feed

グノー生誕200年コンサート (火, 17 7月 2018)
>> 続きを読む

東京ガス管弦楽団 第18回定期演奏会 (Mon, 04 Jun 2018)
>> 続きを読む

SOMPOフィルハーモニー管弦楽団 第19回定期演奏会 (Mon, 28 May 2018)
>> 続きを読む

【掲載】当サイトが月刊ボスで紹介されました (Wed, 23 May 2018)
>> 続きを読む