音大生のための就職情報サイト。就職に関する悩みを解決し夢をサポート。
音大生のための就職支援情報サイト。就職に関する悩みを解決し、夢をサポートします。
TOP 運営会社 サイトマップ お問合わせ Facebookページへ
  • 企業に就職する
  • 演奏家になる
  • 音楽を教える
  • その他の仕事で音楽に携わる

内定式とは?

多くの企業が10月の上旬に行うと言われている「内定式」。では「内定式」とはどんなことをおこなうのでしょう?

 

●内定式とは?

 

就職活動もひと段落し、内定式の案内を受けている人も多いと思います。では、内定式とは一体何をするのでしょう?内定式とは、内定者との最終意志を確認する場です。具体的な内容は、内定授与式、社長や人事部の挨拶、事業内容の説明などが一般的ですが、スケジュールやその中身は企業によって異なります。ただし、どの企業にも共通しているのは、内定授与式です。内定授与式では、採用内定書を受け取り、内定承諾書を提出するというのが一般的です。 この流れがあって、正式内定となります。これらの流れを通して、企業側の採用意志と応募者の入社意志を最終確認しているのです。

 

 

●社長や人事部の人の挨拶をしっかり聞こう!

 

内定式では社長や人事部の人からの挨拶があります。今後どのような心構えで、どのように仕事に取り組んでゆくべきか、また会社の方向性等についての話もあると思います。それらの話に対して、きちんと耳を傾け、理解することが必要です。学生気分のまま、居眠りをしたり、聞き流すことのないように注意しましょう。

 

 

●挨拶をするときは?

 

少人数の内定式では、内定者の自己紹介が行われる場合があります。いきなり話しを振られて慌てないよう、ある程度考えておくといいでしょう。持ち時間によっても異なると思いますが、以下のような基本的な内容から順に話しましょう。

 

・自分の名前

・出身大学

・学部

・いきごみ、メッセージなど

 

人を笑わせることが得意な人は、和ませる話題を盛り込むのも良いですが、話すことが苦手な人は無理をせず、自分の言葉で真面目に自己紹介をしましょう。持ち時間が長い場合は、就職活動の面接で話した「学生時代に熱心に取り組んだこと」や「自分はどのような人間か」「この会社を志望した理由」などを話すのが良いでしょう。

 

内定式を迎えることで、正式に企業の内定を受けることになります。気を引き締めて、残りの学生生活を有意義に過ごし、社会人になる準備をしましょう。

 

音大生就活ナビとは
注目! 一般企業の音楽団体

www.ondainavi.jp Blog Feed

「活躍する先輩」掲載しました (月, 14 5月 2018)
>> 続きを読む

【終了】木野真美 ピアノリサイタル「ベル・エポックの音楽帳vol.2」 (木, 01 3月 2018)
>> 続きを読む