音大生のための就職情報サイト。就職に関する悩みを解決し夢をサポート。
音大生のための就職支援情報サイト。就職に関する悩みを解決し、夢をサポートします。
TOP 運営会社 サイトマップ お問合わせ Facebookページへ
  • 企業に就職する
  • 演奏家になる
  • 音楽を教える
  • その他の仕事で音楽に携わる

インターンシップで経験値UP! ーPart1ー

就職活動をするなかでよく耳にする「インターンシップ」とはどんなことを行うのでしょうか?しっかりと理解して、積極的に参加しましょう!

 

●インターンシップってなに?

 

インターンシップとは、大学在学中に実際の企業で就業体験ができる制度です。主に大学3年生の夏休みなどの長期休暇に行われます。期間は様々ですが、1週間から1ヶ月程度が中心です。最近では、採用スケジュールの繰り下げから、秋や冬に行う企業もあるようです。

募集は大学を通して行われたり、企業のホームページを通して行われます。企業によっては仕事に対して給料を支給するところもありますが、「給料の支給なし」や「交通費のみ」の企業もあります。あくまでも、職場で実際に体験しながら「仕事を学ぶ」ことが主目的となります。

 

 

●どんなメリットがあるの?

 

インターンシップには、下記のようなメリットがあります。

①業界や企業で働くイメージがより深まる。

②企業の実態や仕事の内容を就職前に知ることができる。

③職種や業種について具体的に考える機会になる。

 

4年生の春から本格化する就職活動を前に、職場を体験し臨めるということは、様々な場面でプラスになります。 積極的に参加することで、学生のみなさんにとって有意義なものになるでしょう。 

 

 

●アルバイトとは違うの?

 

職場体験をするのであれば、アルバイトでも良いと思うかもしれませんが、「給料を得る為の作業」を行うアルバイトに対して、インターンシップは「ビジネスの仕組みを理解しながら行う仕事」です。普通の学生生活のなかでは、なかなか知ることのできないビジネスの現場を体験できることがアルバイトと異なる点です。最近では、インターンバイト(有給インターン)など、お金をもらいながら企業のなかで働く形態もありますので、情報を集めてみるのも良いでしょう。

 

 

●インターンシップは必要なの?

 

就職活動のために、必ず必要というわけではありません。

ですが、実際の職場で様々なことを感じたり、考えたりすることは、本やインターネットの情報では得ることができない貴重な体験です。周りがインターンシップを行っているからという理由で行うのではなく、目的をはっきりさせたうえで参加することが必要です。

 

 

インターンシップを自分の就職活動に役立てるという意識をしっかりと持って、積極的に参加してみましょう!!

音大生就活ナビとは
注目! 一般企業の音楽団体