音大生のための就職情報サイト。就職に関する悩みを解決し夢をサポート。
音大生のための就職支援情報サイト。就職に関する悩みを解決し、夢をサポートします。
TOP 運営会社 サイトマップ お問合わせ Facebookページへ
  • 企業に就職する
  • 演奏家になる
  • 音楽を教える
  • その他の仕事で音楽に携わる

【特集】レコード会社のお仕事

レコード会社の仕事はどのような仕事なのか?

レコード会社とは、レコード(音楽ソフト)を制作・販売する企業で、「レーベル」「音楽ソフト制作会社」も含みます。おおまかに言うと、日本レコード協会加盟の「メジャー」(大手)と同協会に非加盟の「インディーズ」があります。

制作側の仕事として、楽曲やアルバムの制作進行などの現場監督を行うディレクターや、制作の際、音響の調整と録音などを行う技術者(レコーディングエンジニア)があります。また、アーティストの発掘・契約・育成とそのアーティストに合った楽曲の発掘・契約・制作を担当するAR(アーティスト・アンド・レパートリーの略)や、宣伝、営業などの仕事もあります。

 

レコード会社の仕事に就くためには?

大手は、若干ですが新卒の採用をしています。希望するレコード会社のWebサイトで採用情報が出ているので、こまめにチェックしエントリーしましょう。締切がはやい企業が多いので注意が必要です。

また、縁故入社、他の音楽関係会社からの転職やスカウトも多いと言われています。学生時代から意中のレコード会社でアルバイトなどをして関係を築くことができれば、就職にプラスになるでしょう。

 

どんな魅力があるのか?

見た目は華やかな業界ですが、実際に仕事に就くと厳しいことも多くあるでしょう。ですが、レコード会社は、音楽に携わることのできる数少ない企業です。「多くの人に素晴らしい音楽を届ける」という役割を担っていることを感じながら仕事ができることは魅力と言えるでしょう。

 

レコード会社のお仕事の募集

音大生就活ナビとは
注目! 一般企業の音楽団体

www.ondainavi.jp Blog Feed

「活躍する先輩」掲載しました (月, 14 5月 2018)
>> 続きを読む